ご利用登録

必要情報のご入力

セイ メイ
全角カタカナで入力してください。(例:ヤマダ タロウ)
※ACFE JAPAN会員の方は、会員登録と同じメールアドレスを入力してください。
異なるメールアドレスの場合、会員の判定ができず、購入時に一般価格となる可能性がございます。ご注意ください。

メール受信許可設定のお願い:
迷惑メール対策などで受信拒否の設定を行っている方は、当社からのメールを受信出来ない場合がございます。 ドメイン「acfe.jp」を指定受信設定してください。

【利用規約】

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,一般社団法人 日本公認不正検査士協会(以下,「当協会」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録利用者の皆さま(以下,「利用者」(または「ユーザー」、「契約者」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)

本規約は,利用者と当協会との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)

本サービスを希望する者は、本規約の内容を承諾したうえで、当協会が定める条件にて当協会が定める手続きにより利用登録を申し込むものとします。

登録希望者が当協会の定める方法によって利用登録を申請し,当協会がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。

当協会は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3)その他,当協会が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条 届出事項の変更

登録者は、利用申込の際又はその後に当協会に届け出た内容に変更が生じた場合、遅滞なく、その旨を当協会に届け出るものとします。

登録者が変更届を怠り又は誤った届出をしたことにより不利益を被ったとしても、当協会は一切その責任を負いません。

当協会は、変更内容を審査し、本サービスの利用を一時的に停止し又は利用契約を解除することがあります。

第4条(利用者の自己責任 利用者IDおよびパスワードの管理)

利用者は自己の判断と責任で本サービスを利用するものとし、その行為及び結果について、その原因が当協会の故意または重過失による場合を除き、全責任を負うものとします。

利用者は、自らの責めに帰すべき事由により、当協会または第三者に対して損害を与えた場合、その損害を賠償するものとします。

利用者は,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。

利用者は,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当協会は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第5条(利用料金および支払方法)

利用者は,本サービス利用の対価として,当協会が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当協会が指定する方法により支払うものとします。

利用者が利用料金の支払を遅滞した場合には,利用者は年6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第6条(禁止事項)

利用者は,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。

(1) 当協会またはコンテンツベンダーもしくは他の会員その他の第三者の権利、財産を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為。

(2) 著作権のある文書、画像あるいはプログラムであって使用許諾を得ていないもの、営業秘密その他財産的価値を有する機密情報、不法に使用されている商標あるいはサイトマークなど、他者の権利を侵害するメッセージ、データ、画像あるいはプログラムを掲載または送信すること。

(3) 法令または公序良俗に違反する行為

(4) 犯罪行為に関連する行為

(5) 当協会のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為

(6) 当協会のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(7) 他の利用者に関する個人情報等を収集または蓄積する行為

(8) 他の利用者に成りすます行為

(9) 本サービスを利用して、営業活動、営利を目的とした情報提供活動をおこなうこと。

(10) 当協会のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(11) その他,当協会が不適切と判断する行為

(12) 日本国外からの利用

第7条(権利と義務)

当協会は、利用者による本サービスの使用を監視し、もしくは使用のセッションの内容を保持する義務も負わないものとします。

ただし、当協会は法令、行政庁の監督、裁判所の命令等がある場合、または訴訟その他の法的手続きに関して必要がある場合、自己または第三者のために必要な情報を、いかなる時においても監視し、調査し、記録保存し、保有し、開示する権利を有します。

当協会は、必要と判断した場合には、本サービスを利用して送信(発信)される情報を予告なく削除し、または掲載場所を変更することができるものとします。

この当協会の削除権には、本規約に違反する情報および当協会が問題があると判断したコンテンツを削除する権利も含まれるものとします。

第8条(本サービスの提供の停止等)

当協会は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合

(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4)その他,当協会が本サービスの提供が困難と判断した場合

当協会は,本サービスの提供の停止または中断により,利用者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第9条(利用制限および登録抹消)

当協会は,以下の場合には,事前の通知なく,利用者に対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,または利用者としての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)その他,当協会が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当協会は,本条に基づき当協会が行った行為により利用者に生じた損害について,一切の責任を負いません。

第10条(免責事項)

当協会の債務不履行責任は,当協会の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

当協会は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

当協会は,本サービスに関して,利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第11条(サービス内容の変更等)

当協会は,利用者に通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによって利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第12条(利用規約の変更)

当協会は,必要と判断した場合には,利用者に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

この場合は、料金その他の提供条件は、変更後の規約によります。

当協会は、この規約を変更するときは、当協会の本サイトによる通知のほか、当協会が適切と判断する方法で通知するものとします。

当協会が通知したときをもって、当該通知が完了したものとみなします。

第13条(通知または連絡)

利用者と当協会との間の通知または連絡は,当協会の定める方法によって行うものとします。

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

契約者は,当協会の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第15条(利用料の返還)

当協会は、本規約において明示的に定める場合のほか、いかなる理由があっても、当協会が会員より受領したサービス利用料金等について、一切返還する義務を負わないものとします。

第16条(終了の手続)

契約者は、本サービスの提供を終了したい場合、自己の責任において終了させるための手続を行うものとします。

契約者が当該手続を行わなかったことにより、本サービスに係る利用料の支払が発生した場合、契約者は、当該利用料を支払わなければならないものとします。

月の途中で本サービスの提供が中止(理由の如何を問いません)された場合は、当該月の本サービスに係る情報料は、一切減額されないものとします。

第17条(業務委託)

当協会は、本サービスの業務の全部又は一部を当協会の責任において第三者に委託することができます。

第18条 (本サービスの終了)

当協会は、契約者に対し30日以上前に第12条に基づく方法により通知し、本サービスを終了できるものとします。この場合、当協会は契約者その他いかなる者に対しても、いかなる責任も負わないものとします。

第19条(著作権)

本サービスにおいて当協会が提供している各コンテンツの著作権は、コンテンツベンダーに属し、それらを電子化、プログラムかしたものは、当協会が所有します。

第20条(分離性)

本規約のいずれかの条項が無効とされた場合であっても、本規約の他の条項は、継続して完全な効力を有するものとします。

第21条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。

本サービスに関して紛争が生じた場合には,当協会の本店所在地を管轄する東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

以上


利用規約に同意しますか
同意する