不正・不祥事は他人ごとではない~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~是非これだけは知っておこう!

講師の顔写真講師玉上 信明カテゴリ不正調査
CPE2単位時間110分
概要 不正調査を行う際の注意点・留意点や、再発防止のためのヒントについて解説します。
不正検査士にかぎらず、管理部門・管理職・監督職など、一般の方にもおすすめです。
本コースでは、社内教育に使用できるスライド資料と配付資料を PDF 形式で提供しています。
対象者 ・これから不正調査を担当する方
・不正調査について、見直し・再確認したい方
・管理部門の方や管理職・監督職の方にもおすすめです
価格一般:10,800円(税込)/会員:8,640円(税込)

不祥事や不正は頻繁には発生しません。いざ有事に臨んで、準備・対策の不足や手順の不備が明らかになり、混乱の中で迅速な意思決定と行動が求められ、混乱に一層輪をかけることも想定されます。そして、不適切・不誠実な対応は深刻な二次被害をもたらしかねません。

本コースでは、現場ですぐ役立つ、具体的・実践的な不正対策の技術を身につけることを目的とします。また、不正対策が、人事・労務・業務の管理面の改善の起点となり、組織風土の涵養にも貴重なヒントを提供することを狙っています。


内容

■ 基礎編(ケースで学ぶ勘所)

 基本的心構え
 ケーススタディ:5つのケースで学ぶ注意点(基本的注意、面接調査、再発防止策)
 【参考】「未然防止」「抑止」「早期発見」の関係

 基礎編・確認テスト

■ 応用編

 応用編の趣旨・目的・構成

第1章 不正・問題行動の調査
  1. 会社における調査の基本的な意味合い
  2. 問題行動発覚時の基本的な視点
  3. 調査開始前の準備と心構え
  4. 面接調査
  5. 客観証拠(物証)
  6. 類似事案・関連事案の調査
  7. 推論の進め方
  8. 報告書の作成

第2章 再発防止のためのヒント
  1. 基本的な視点
  2. 事務管理の三原則による検討
  3. 抑止策の要諦は、事の重大さの周知
  4. 現場の声の取り上げ方
   ① 内部通報制度
   ② アンケート
  5. 会社を根本から腐らせる「落とし穴」の一例
   (「目標至上主義」「ノーミス運動」「ミス・トラブルの抱え込み」「ハラスメント」「ヤミ残業」)

【もう一言:受講者の皆様への問いかけ】
【経営者のための「さらに一言」】
【参考事例】
【参考教材】(含む不正検査士マニュアル)
【参考:社内研修のための活用ガイド】
【効果測定・確認テスト】


動画は7本に分かれています。part.1 から順番に part.7 までご覧ください。すべての動画を最後まで視聴すると CPE が発行されます。(視聴完了時に自動的に送信されるメールをご確認ください。)


○ 資料について ○

本コースでは、講師のご厚意により、資料を配付・印刷できる形式 (PDF) で提供しております。この資料をご利用になる際は、次の事項にご注意・ご留意ください。

  • 著作権は、講師 (玉上 信明) が保持します。
  • この資料は、「コースをご購入いただいた方が所属する組織内で行う研修」にのみご利用いただけます。
  • お取引先など外部の方向けの研修に使用する場合は、事前に講師 (玉上 信明) までお問い合わせください。
  • ご要望に応じて、講師 (玉上 信明) が研修講師としてお伺いします。カスタマイズやアレンジなども承ります。
最終更新日時: 2018年 02月 13日(火曜日) 20:22